Ext JS 5 のViewModel を使ってみる

Ext JS 5 から導入された ViewModel を使ってみます。 ViewModel はデータをビューにバインドする新しい方法です。 いろいろと機能が高く、API ドキュメントやチュートリアルを読んでも、まだすべてが解説されているというわけではないようです。

今回は、2way binding と呼ばれる、View と ViewModel 間での双方向のデータバインディングについて実験してみます。 “Ext JS 5 のViewModel を使ってみる” の続きを読む

Ext JS 5 パブリックベータ発表

Ext JS 5 のパブリックベータが発表になりました。

楽しみです。今回は Ext JS 4 からの後方互換性がかなり意識してリリースされているので、 Ext JS 3 から 4 へのドラスティックな変化のようなことはなさそうです。

しかし、エンジニアとして注目したい機能が沢山詰まっています。 これは楽しみです。

今日は、その中でもイベントのことについて触れましょう。 “Ext JS 5 パブリックベータ発表” の続きを読む

Ext.Next – もうすぐそこに

この記事は Sencha Advent Calendar 2013 – Adventar の23日目です。 年も押し迫ってきましたね。 前回のyasunagaさんのExt.Menuに関する興味深い話 に続いて、今日はExt JSの未来について語ります。

この記事は、 SenchaUG 誕生祭 のLTで話したことを元ネタにしています。 あの時は、マクラの話が長すぎて肝心の内容を端折ってしまいましたw ので、ブログ化しました。 “Ext.Next – もうすぐそこに” の続きを読む

約束の地 – Promised land

この記事は、 Sencha Advent Calendar 2013 の12日目の記事です。

都市再開発で、オフィスを市のやや北寄りの区域に移さなければならなくなった。 新しいオフィスは、マサチュセッツ大通りとボイルストン通りの角に突っ立っている二階建ての丸い塔のような建物の二階にあって、一階は煙草屋である。 前の住人は女占い師で、彼女が看板がわりに窓に貼りつけたつぎはぎの金文字をかみそりの刃で削りとっている時、その男の姿に気がついた。

ロバート・B・パーカー著「約束の地」より。

パーカーも亡くなっちゃったんですね。

今回はPromiseについてお話しします。 “約束の地 – Promised land” の続きを読む

一日もかからないさ、数時間でできるよ

この記事は、 Sencha Advent Calendar 2013 の5日目の記事です。

もうAdvent Calendarを書く時期になったんですね。 去年のAdvent Calendarの記事から、今年に入って5つしか記事を書いていないことがわかりました。ごめんなさい。 今年は、もう少し、記事書きます。

“一日もかからないさ、数時間でできるよ” の続きを読む

Sencha UGがまもなく1周年

Sencha UGが活動を始めて、まもなく1年になります。 この間にも、Senchaを取り巻く環境が大きく変わりました。Sencha Touchの本は、3冊もでました。そのうち一つは僕の本ですが。 僕の方も、会社も変わったし、Sencha Con 2013にも行ったし、Bryntumの社長Matsとも知り合ったし。 ほんと、変わったなぁ、と思います。

Senchaのフレームワークは、日本での知名度はまだまだだけど、もっともっと日本国内で広まって欲しいと思っています。

さて、Sencha UGが1年ということで、Sencha誕生祭と銘打って、アニバーサリーパーティーが開催されます。

“Sencha UGがまもなく1周年” の続きを読む