オシャレなユニバーサル アプリの作り方 – その2

連載記事の一回目を翻訳してしまったので、パート2も翻訳しました。

Sencha 公式ブログの How to Build a Great Looking Universal App with Ext JS – Part 2 | Sencha の翻訳になります。

ユニバーサル アプリを構築する際のキモとなる、2つのツールキット。そして双方にまたがるコードはどこに置くのか。2つのツールキットで作成したアプリは、実行時にどのように選択されるのか。

といった、「ユニバーサル アプリ」と聞いて、湧いてくる疑問に答えてくれています。

著者は Lee Boonstra です。彼女のブログは翻訳しやすくて、内容も整っているので大好きです。

ではご覧ください。

“オシャレなユニバーサル アプリの作り方 – その2” の続きを読む

オシャレなユニバーサル アプリの作り方 – その1

Ext JS 6 の最大の「売り」は、デスクトップとモバイルのアプリを1つのコードベースで記述できるという点です。Sencha ではそうしたアプリのことをユニバーサル アプリと呼んでいます。 とはいえ、これまで Ext JS と Sencha Touch で、重複するコードを書かされてきた我々としては、実際にどうやれば1つのコードベースに統一できるのか、というところが見えてきません。

Sencha の公式ブログで、ユニバーサル アプリの作り方について書かれた記事が掲載されました。それを翻訳してみましたので、ご覧ください。

“オシャレなユニバーサル アプリの作り方 – その1” の続きを読む