Sencha UG 勉強会 第19回大阪を開催します

なんとタイトルは

Yeoman vs Sencha Cmd – HTML5時代の統合開発ツール –

20140418ug_catch 今回は、Sencha の世界だけでなく、より広く HTML5 の世界へ拡げてみようという企画です。


HTML5での開発では以前のHTMLにくらべCSS/JavaScriptのコーティング量が格段に多くなっています。我々システムエンジニアは何をすれば良いのでしょうか?どうすれば効率良く開発でき、品質の高いアプリケーションが作れるのでしょうか。その答えをこのセミナーで見つけ出したいと思います。

多くの処理をブラウザで行うSingle-page Applicaionでは、コーティングのサポートするためにaltJSやCSS Preprocessorを利用します。またコーティングチェックのためにjslint/csslintを利用する、単体テストを行うためにQUnit/Jasminなど様々なタスクを使いこなす必要があります。これらのタスクを効率よく行うためには何かしらのツールを用いる必要があります。

現在では、新しいプロジェクトを始めるときのスキャッフォルディングから、製品を出荷するときのビルド作業に至るまで、タスクを自動化する統合開発ツールが登場しています。OSSの世界でその名を馳せている統合開発ツールYeoman、Senchaフレームワークの世界ではSencha Cmdがその役割を担っています。 今回は、Yeoman vs Sencha Cmd と題して、この二つの統合環境の角度からWeb Applicationそのもののあるべき姿について理解を深めます。Yeomanの解説には、HTML5WEST.jp代表の村岡正和さんをお招きして熱く語っていただきます。


詳しい内容や申し込みは、こちらのページ からお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です