NextJSの勉強再開するぞ

NextJSの0.7系の開発がどんどん進んでいます。 ちょっとnodeやNextJSから離れていたので、node自体の環境も新たに作ることにしました。

nodejsのインストール

しばらく触っていなかったので、npmとかの仕様がずいぶん変わっています。 以前のようにやっていたら、うまくインストールできなくて困りました。

開発環境ですので、 Macのユーザーhomeディレクトリにインストールする方法をとります。 なかなかうまく動きませんでしたが、次のようにするとうまく行きました。 キモは、nodeのコンパイルの時にconfigureでprefixを指定することです。

nodejsはGitHubから取得します。

    git clone https://github.com/joyent/node.git
    cd node
    git checkout v0.4.9
    ./configure --prefix=~/local
    make
    make install

これでユーザーhomeのlocalディレクトリ以下にnodeをインストールできました。 .bashrcでパスを追加しておきます。

    export PATH=~/local/bin:$PATH

次にnpmをインストールします。

    curl http://npmjs.org/install.sh | sh

さきほどのコンパイルでprefixを指定していないと、 これがどうしてもうまく行かないので注意です。

NextJSを入れる

これで取りあえずnodejsとnpmが動くようになりました。 やっとNextJSのテストに入れます。

    npm install NX

おー!簡単。そこからはcode:xの記事を順にやってみましょう。

さあ、やるぞ!

ここで、@kotsutsumi さんからリプライをもらいました。

@martini3oz 1点、npm install NX から npm install nxに変わってるので、 ご注意をw 多分だ丈夫なのかな、あとでNXのほうけせたら消してみますけど。

ということで、

    npm uninstall NX
    npm install nx

とやりましたら、

└─┬ nx@0.7.3 
  └── nx-core@0.1.5 

となってくれました。

1 thought on “NextJSの勉強再開するぞ

  1. sunvisor 投稿作成者

    このやり方で、~/local 以下にnodeをインストールすると、 Vim: tagbarプラグインの導入メモ でインストールしたjsctagsが動かなくなりました。(´・ω・`)

    そこで、doctorjsの最新版をpullしてから、doctorjsのMakefile の先頭のPREFIXを ~/local に変更してから make install したら使えるようになりました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です